2018 イングランド代表 ホーム ユニフォーム 半袖 発表

「サッカーの母国」として名高いイングランド。自国で開催した1966年ワールドカップを制したことで知られる彼らだが、2018年ワールドカップに向けた欧州予選で、8勝2分の首位通過を決めた。現地時間、昨日、イングランド代表とナイキ株式会社が共同に本大会で着用する新ユニフォームのデザインを発表した。

2018 イングランド代表 ユニフォーム ホーム(1st)は伝統の白を基調にデザインした。パンツの色が青基調。

首元には赤いラインが入る。首まわり脇に配された赤いラインが全体を引き締めている印象だ。

メーカーロゴのカラーは青を採用した。協会エンブレムの上には1966W杯優勝の証の★をシルバーを採用して配置されている。

選手ネームと番号の色が赤だ。ユニックなフォントの由来は「Johnston」と「Gil Sans」だ。

イングランドの国旗である「セント・ジョージ・クロス」 と呼ばれる白地に赤い十字の旗を襟の後ろに入り。

イングランドの国花であるバラを入り。

新ユニフォームはナイキの最新のテクノロジーである「Vaporknit」を搭載している。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です